プログラミングを学校で学ぶということ

パソコンやスマートフォンなどは、アプリやプログラムで動いているということを知っている人は多いでしょう。

家電などの機械類も、昔は魔法のようだと思っていた人も居ましたが、今では不思議に思う人はほぼ居ません。具体的に理解はできなくても、なんらかのプログラムで動くように出来ていると認識しているはずです。ハードの組み立てなどは機械系技術で、以前は工業系の学校で学ぶものでしたが、最近はプログラミングも必須技術となっています。

ロボコンなどの大会でもハード類だけでなく、プログラミングのレベルで大きく結果が左右されるケースも多々あります。現代日本ではIT系スキルは社会に欠かせなくなっており、将来のために小学校でプログラミングの授業が実施される時代です。理系を目指すのでなくても、論理的な思考力は現代社会では大切な能力と言えるでしょう。

プログラムを学べる専門学校やスクールなどもあり、プログラマーになりたい人がプロになりたい人が通う学校もあります。書籍を購入して独学で勉強する人も以前は多くいましたが、プログラム言語の進歩スピードは速く、すぐに書籍の情報は古くなっていて、時代遅れになってしまいがちです。

ただし最先端の技術を習得するためには、基礎からしっかり学習しておくことも大切になります。基本スキルを丁寧に習得し、これからメジャーになると思われる最先端技術や新しいスキルも身に着けていけるような学校がオススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *