名古屋で評判の良い水漏れ修理屋さん

屋根からの雨漏りの原因

マイホームとして新築あるいは購入した住宅は、貴重な財産であり、家族の歴史が刻まれた大切な場所です。ほとんどの家庭では家の手入れやメンテナンスを行いながら大切に使用していますが、それでも時折り雨漏りという不具合が生じることがあります。雨漏りにはいくつかのパターンがあって、壁の継ぎ目やサッシ窓の周囲から雨が入り込むこともありますが、一番多いのはやはり屋根からのものです。雨が家の中に漏る状態では安心して生活できませんし、家財などに被害が及ぶ場合がありますから、早めの修繕が必要です。

屋根からの雨漏りは原因を的確に見極めないと、せっかく費用と時間をかけて工事しても、またすぐに雨が入ってしまうこともあります。それで、原因のいくつかを知識として知っておくことは、修理業者を選ぶ際にも役に立ちます。原因としてよくあるのが、瓦やコロニアルといった屋根材と野地板の間に敷いてある、防水シートの劣化です。防水シートは経年劣化が避けられませんので、築15年以上の住宅の場合は防水シートの寿命が考えられます。

まれに瓦がずれてしまい、防水シートの劣化が早まるというケースもあります。また雨樋にゴミが溜まったり、鳥が巣を作ったりすることが原因で雨水が溢れ、それが屋根から入り込むということも起こります。他にはトップライトやソーラーシステムが設置されている場合、それらの取り付けの不具合ということも考えられます。このような事を念頭に置きつつも、雨漏りを見つけたら素人判断をせずに、屋根工事の専門家に相談することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *