活躍できる保育士になれる専門学校

by:

メイク学校教育

保育士の専門学校は、指定保育士養成施設であれば、卒業すると資格が取れるメリットがあります。文科省の指定も受けていて併せて幼稚園教諭になれる専門学校もあります。片方の指定のみでも短大の通信課程を活用して両方の資格が取れるところも多く、将来こども園や幼稚園での勤務を考えている方にとっても良い選択肢です。専門学校は主に2年のコースなので、短い期間で資格が取れるメリットがあります。

また、短大や大学に比べると学費が安く、2年間なのでトータルコストも抑えられるので、金銭面でも優れていると言えるでしょう。もちろん、期間や金銭面だけではなく、学びの環境としても良いです。実習が多めになっていて、子供たちと接する機会が多いので、すぐに現場で使える能力を鍛えることができます。保育士試験に合格してもなることはできますが。

合格率は低めです。よほど独学に自信が無い限りおすすめはできません。結局通信教材などを活用して学ぶことになるので、独学であっても安くはなりませんし、何より確実性がありません。保育園でアルバイトをしているような方には適していますが、そうでないなら学校を選んだ方が良いでしょう。

同じ専門学校というカテゴリーでも、やはり細かいカリキュラムに違いがあります。人によってそれを良いと感じるかどうかも異なります。したがって、選ぶ際にはよく見比べて自分にとって良いと感じる所を選択しましょう。そうすれば納得できる所を選べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です