専門学校で保育士になるメリット

by:

大阪教育美容専門学校

子供が好きで世話をすることも好き、だから保育士の仕事をしたいと思うのなら、まずは保育士の資格を取らなくてはなりません。それには二つの方法があり、一つは専門の施設を卒業する方法、そしてもう一つは国家試験に合格する方法です。専門施設には4年制大学、短大、そして専門学校があります。専門学校で保育士の資格取得を目指すメリットは、卒業と同時に資格を取得することが出来る、基本的に2年間で資格を得ることが出来る、昼間と夜間があり、無理なく通える時間帯のコースを選べるのでアルバイトなどをしながらでも大丈夫、専門学校によっては幼稚園教諭など他の資格も取得出来る、保育現場ですぐに役立つ知識・技術が学べる、4年制大学に比べて学費が安い、などです。

しかし2年で保育の知識や技術を詰め込む必要がありますので、大学などに比べると格段に忙しくなります。4年制大学に通うようにアルバイトも趣味も遊びも、という訳にはなかなかいかず、必死で勉強をしなければなりません。また保育に特化していますので、保育以外のことを学べずに違う道を選んだ場合に全く役に立たないということもあります。しかし専門的に集中して勉強出来ますので、将来の夢は保育士である、と決めている方はおすすめです。

専門学校での資格取得に向いている人は、早く現場に出て働きたい人や費用はなるべく抑えて確実に保育士になりたい人、就職のサポートが充実していることが優先である人などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です