保育士になるための3年制の専門学校

by:

学校教育美容

保育士の資格が取得できる専門学校を選ぶ際のポイントの一つとして、2年制を採用しているのかそれとも3年制を採用しているのかという違いがあります。どちらが主流かといえば、2年制のほうです。同じ資格を取得するのに、やはり1年余計にかかってしまう3年制より、早く卒業することができ、その分授業料も少なくてすむ2年制が人気なのは頷けるところですが、3年制にはメリットはないのでしょうか。3年制のコースを通称「こども総合学科」と呼びますが、その特徴は1、2年次に保育士としての基礎知識を学び、3年次に、自分が進みたい専門コースを選択することができることです。

2年制の専門学校では保育士になることがメインであるのに対して、3年制はより高度な専門知識を身に着けた上で、現場に入っていくことができるわけです。実際、保育士として現場に出て働きはじめると、もっと専門的に知識を身に着けたいと思うことがしばしばあるものです。専門学校で1年でも学ぶ機会があれば、それは現場でも非常に役立つことでしょう。では、3年制コースでは具体的にどのような専門知識を学ぶことができるのでしょうか。

「こども心理コース」「こどもスポーツコース」「病児保育コース」「こども音楽コース」「こども食育コース」「こどもおもちゃコース」の主に6つの専門コースから選択することができます。興味のあるものや専門性を高めていきたいと思うコースを選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です