保育士の専門学校を選ぶメリット

by:

メイク学校教育

保育士になるための専門学校は、卒業すると資格を取ることができて、資格試験に合格する必要がありません。そのため、確実になりたい人に適している選択肢です。もちろんだからといって簡単になれるという意味ではなく、専門学校では保育士になるために必要な知識や技術を身につけていきます。これを独学でやるのは大変ですが、カリキュラムが専用に組まれていて、現場で活躍する人が講師を勤めているので、保育士になるために必要な人間になることができます。

専門学校には、指定校と呼ばれる、幼稚園教諭にもなれる学校があります。これは、厚生労働省だけでなく文部科学省のしてい設けているからです。両方の資格が必要である方は、こちらを選んでおくと良いでしょう。ただし、指定校ではなくても、併修校であれば提携する短大の通信課程を使って資格が取れるコースを用意しているため、なることは可能です。

併修校の場合は両方の学校を修了しなければなりませんが、短大卒の資格も取得できるメリットがあります。将来の選択肢を広げるならこちらを選ぶのもありでしょう。専門学校は実践力が身につく教育カリキュラムが特色で、実習も多めです。保育士になりやすいルートではありますが、それに加えて現場で活躍できる人材になることができます。

夜間コースを導入している学校なら、働きながら資格が欲しいと考えている方も、目指すことが可能です。奨学金制度も用意されていますので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です